月別アーカイブ: 11月 2010

不思議ウィルス!?と専務

昨夜、晩御飯の後、急に腹痛が襲ってきて、トイレに数回駆け込みましたよ   ゲッソリ・・・   最近、“ノロウィルス”での腹痛・嘔吐が流行っているようなので、もしかして!?と思っていましたが、今朝起きたら治っていたので、ホッとしましたよ                  で、ノロウィルスって何だ?・・・あ、不思議ウィルスだな!!   厚労省がノロウイルスによる感染性胃腸炎の予防法紹介 今年はノロウイルスが流行の兆し、と報じられているが、ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は一年を通して発生しているが特に冬期に流行する。ノロウイルスは手指や食品などを介して口から感染し、おう吐、下痢、腹痛などを起こす。また、子供やお年寄りなどでは重症化することもあり、死亡事例も報告されている。国立感染症研究所によると、2009年のノロウイルス食中毒患者数は1万874名で、今年もノロウイルスを含む感染性腸炎の患者が急増しているという。この時期としては過去10年で二番目に多く、昨年の倍以上の患者数にのぼる。 ノロウイルスはワクチンが無く、治療は輸液などの対症療法に限られるため、厚生労働省は以下の予防対策の徹底を促している。  1:食事の前やトイレの後などには必ず手を洗う  2:下痢やおう吐等の症状があるときには食品を直接取り扱わない  3:胃腸炎患者に接するときは患者のふん便や吐ぶつを適切に処理する  4:抵抗力の弱い人は過熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱して食べる  5:調理器具等は使用後に洗浄、殺菌する                                            皆さん、くれぐれもご注意くださいね     気になる『今年1番の・・・と専務。』は、こちらへ。  http://ameblo.jp/ghome4936/  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

選挙速報と「龍馬伝」と専務

中村前市長、県知事選、お見事でした 夜8時開票が始まり、ものの数分で当確決定   しかし、開票した時間帯が不味かったぁ・・・・・せっかくの勝利に“水を刺す”とはこのこと     ちょうど、28日にNHK総合で放送された大河ドラマ「龍馬伝」の最終回の時間帯で、主人公の坂本龍馬が暗殺されるクライマックスのシーンに、愛媛県知事選の当確を伝える速報テロップが流れ、同局に苦情が約1時間で200件あまり相次いだことが29日、分かった。 NHK広報部によると、テロップが被さった暗殺シーンは午後8時55分ごろ。視聴者からは午後10時までに「表情が見たかったのに、龍馬にテロップがかかってしまった」「楽しみにしていたのに興ざめした」といった苦情のほか、「きれいな映像で録画したいので再放送の予定を知りたい」といった問い合わせもあったという・・・・・福山雅治さんの人気は、さすがだ   ま、このニュースのおかげで、愛媛の新県知事も全国区になったのではないでしょうか ホント、お疲れ様でした     気になる『風邪吟味の専務。』は、こちらへ。 http://ameblo.jp/ghome4936/ 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

うっかりミスと専務

本日、2組のお客様に、不動産の売買契約を締結していただきました   ありがとうございます。 ただ、重要事項説明書に記載してます接面道路の方角を2組のお客様とも間違えてしまい・・・・・少し気まずい雰囲気をつくってしまいました 私のうっかりミスで、お客様には大変ご迷惑をおかけしまして、申し訳ございませんでした                エエー、あれだけ見直したのに!?     気になる『お誕生会と専務。』は、こちらへ。 http://ameblo.jp/ghome4936/

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

接客後に反省と専務

今日は、朝からお天気も良かったせいか、たくさんのお客様にご来場いただきました ありがとうございます。   ただ本日、最後に私が接客しましたお客様に悔いが残ります これは言い訳にはならないのですが、私も話し疲れてハイ   になっていたのか、いつもより余計なことまで喋り過ぎたのでは!?と、反省しました   申し訳ございません。                                  ま、自分が話した内容を覚えているのも珍しいんですがね

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

愛媛の家と専務

『愛媛の家 2011冬・春号』が、発売されました 今回もお施主様のご協力を得て、いい感じに仕上がっております   コンビ二にも置いてますので、気軽にGraceland Homeのお家をご堪能下さい                絶対見てよね

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ラストスパートの専務

今日は、朝からバタバタっとしましたよ 今月も残り5日ですが、自分の予定表を見ると、ゾッとする・・・・・ま、嬉しい悲鳴ではありますがね   さ、来月のディズニーランドへの家族旅行に向けて、ラストスパートだ!!  私よりも、娘がかなり楽しみにしてるからな・・・・・。  なるべく早く仕事を片付けて、クリスマス前には行きたいな                       ダーッシュ!!   でも、今からスパートかけて息切れしないようにしないと・・・・・。       気になる『語呂合わせと専務。』は、こちらへ。 http://ameblo.jp/ghome4936/ 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

絶好のチャンスと専務

最近、モデルハウスへのご来場者数や不動産物件のお問合せが、ここ数年に比べ、かなり増えてると感じているのは、私だけでしょうか!? たしかに、住宅用エコポイントや各金融機関の住宅ローンの金利の引き下げやお得なフラット35S等など・・・お住まいのご計画を検討されていますお客様の背中を後押しする材料が盛りだくさん   ぜひ、この絶好のチャンスに、弊社モデルハウスまで足をお運び下さいね                           待ってるゼ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

花粉症と専務

いよいよ、『花粉症』という言葉がチラホラ聞かれ始めましたね 毎年、毎年、誰も頼んでないのに、花粉飛散量を予想したりなんかしてさ こんな風にね・・・・・2011年春は花粉の飛散数が2010年春の2―10倍に達し、特に近畿地方と東海地方では10倍以上になるところがある見込み。日本気象協会が花粉飛散予測の第1報としてまとめた   また、今日のニュースでは・・・・・ アパレルや製薬会社が花粉対策商品を拡充している。 三陽商会が花粉がつきにくく落ちやすい婦人用コートをブランド横断で展開するほか、英系製薬会社のグラクソ・スミスクラインはアレルギー症状を抑える一般用の点鼻薬を発売する。 各社は来年、飛散量増加が予測されている上、花粉アレルギーに悩む人が年々増えており、中期的に需要拡大が見込めるとして新たな収益源に育てる考えだ   製薬会社エーザイでは、鼻の周辺に塗って花粉をシャットアウトする「クリスタルヴェール」に、清涼感のあるメントール成分を配合した商品を加えた。 一滴分を指にとって塗ると、目に見えない透明なイオンの膜ができ、空気中のアレルギー原因物質をはじき返したり、膜に吸着させて浸入を防ぐ。塗った直後に乾くためべとつかず、違和感がないのも特長だ。昨年秋に発売したところ、売れ行きが予想を上回ったためラインアップを拡充した。   花粉症は、国民の5人に1人が苦しむ“国民病”とされ、その数は増加傾向にある。日本気象協会の予測によると、来年の飛散量は例年を上回ると予測され、少なかった今年に比べると地域によっては10倍に達する見通し。関連企業の品ぞろえ拡充の動きは今後も続きそうだ 「来年も花粉症対策を万全にしなくちゃいけねぇだろうよい。(白髭1番隊隊長 不死鳥マルコ風)」     屈辱の『失笑と専務。』は、こちらへ。 http://ameblo.jp/ghome4936/

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

イベントと誕生日と専務

 今日は、私の誕生日 昨日、今日と道後平ニュータウンの今年最後のイベント「道後平体感Day」も無事終了いたしまして、たくさんのお客様にご来場いただきました 誠に有難うございました   昨夜0時44分、寝床に入ると携帯からメールの着信音がピロリン 奥様のお母様からのお祝いメールで、何よりも嬉しい言葉をいただきました・・・・・37歳、初泣き。 このメールは、私の宝物です   それと、本日お祝いの言葉をいただきました皆さまに・・・・・     感動の『ご契約と誕生日と専務。』は、こちらへ。 http://ameblo.jp/ghome4936/

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

足りないものと専務

いまの私に足りないもの・・・・・          ズバリ          “危機管理能力” 危機管理の発想は,Crisis Managementの訳語ではあるが,元々は企業の経済的リスクの管理(Risk  Management)から始まったものであり,企業や団体の管理者にとっては企業の存続にも関わる重要なキーワードであることは言うまでもない。そこでは企業の保全や保障を考える上で,様々な危険や災害,危機的な状況に対して,迅速かつ的確な対応が必要であるという観点から,その対処方法のシミュレーションを策定し,その予防策とダメージコントロールを検討してきたものといえる。その後,国家的危機の中で,軍事的・政治的な発想から,危機的状況の回避に対しての一定の準備と対応を指して,危機管理の発想が定着してきたものと考えられる。とはいえ,現在の企業においても,管理者の危機認識の不足から,企業そのものを崩壊させた事例も少なくない。   36歳最後の日に実感する専務でした

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ